瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁

瀬戸焼 美濃焼 和食器・陶器|通販専門サイト あーと青仁 HOME

あーと青仁について
窯元・作家紹介
陶器の器を食卓         〜取り扱いのご注意〜
瀬戸焼 豆知識
各種引出物、内祝い・御祝  ギフトラッピング・名入れ
よくある質問

当サイトについて

特定商取引に関する表記

お問い合わせはこちら

ショッピングサイトに戻る

瀬戸焼 美濃焼 和食器 陶器 通販
窯元・作家紹介

伝統と個性を失わない瀬戸美濃の作家たち
このページでは当店で取り扱いしております、窯元・作家の紹介をしております。
ショッピングのページで掲載していない作家の作品もたくさんありますので、
お気軽にお問合せください。

瀬戸焼・美濃焼の特徴
 瀬戸焼は古来から私達の日常にかかせないものとなっており、
 陶磁器が「せともの」と呼ばれていることからもわかります。

 瀬戸焼は日本六古窯のひとつで、日本一の生産高と1300年の歴史があります。
 鎌倉時代、中国風の施釉陶器が焼かれ、
 しだいに美濃地方にも生産が移っていきます。

 [主な作品]
 志野(しの) : 無地志野 鼠志野 紅志野 練込志野
 織部(おりべ) : 青織部 織部黒 黒織部 赤織部
 黄瀬戸(きぜと)
 瀬戸黒(せとぐろ)
 御深井(おふけ)
 古瀬戸(こせと)
 鉄釉(てつゆう)
 灰釉(かいゆう)
 ※釉薬の詳しい説明はこちらです。
〆 通販 和食器 粉引き

若尾洋造
器 
それは暮らしの中で風流と実用の二つの美を併せ持つ。

土の素朴 釉薬の不思議 
意匠の妙炎のエナジーに包まれ生まれる温もりの器
春夏秋冬 折々の季節を映し心を映す

人と料理が響きあう豊かなひと時に名脇役を演じられる
そんな器づくりを念じながら造っております。
お手元で可愛がって使っていただけましたら
無上の喜びでございます。
 ※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
   鉢・皿・マグカップ・煎茶・たっぷり碗
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【若尾洋造】を選択してください。

鈴木 五郎
1941   愛知県豊田市に生まれる
1957   作陶活動を始める
1962   日展入選
1963   アジア陶芸展出品・朝日陶芸静岡県知事賞受賞
1966   朝日陶芸展最高賞受賞
1968   朝日陶芸展優秀賞受賞
1969〜70 アメリカ陶芸視察・ロサンゼルス「Q」にて個展
1971   第3回中日国際陶芸展奨励賞受賞
1977〜   個展多数

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    湯呑
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【鈴木五郎】を選択してください。

宇助窯 加藤 綱助
宇助窯 23代目
1958年 愛知県瀬戸市に生まれる
1978年 愛知県瀬戸陶磁器新作展 市長賞受賞
1998年 伝統的工芸品優秀技術者 愛知県知事表彰

個展・作品展
名古屋三越 栄本店 名鉄百貨店 横浜そごう 銀座三越 新宿伊勢丹 他
※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    湯呑・鉢
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【宇助窯 加藤綱助】を選択してください。

松山窯
昭和五十年父達治の指導の下、松山窯にて研鑽を重ね、新しい時代にマッチした感覚の赤津焼を目指しています。

今後とも精進を重ね、喜んで頂ける作品を作り続けたいと思います。

ご愛用下されば幸いです。
 ※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
   鉢・皿・マグ・コーヒー碗皿・煎茶・たっぷり碗・急須・飯碗・湯呑・重箱・蓋物
      ≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【松山窯】を選択してください。
  

お福窯 鈴木義美
瀬戸クラフト協会会員   個展多数

昭和44年 全国輸出陶磁器デザインコンクール入賞
昭和49年 第21回日本伝統工芸人形入選
平成11年 国際芸術文化賞を受賞

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから       コンポート・猫の陶人形・陶板
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【鈴木義美】を選択してください。
五春窯 加藤克己
瀬戸の東の丘陵地、品野に登り窯を築き五春山人窯と命名し、手仕事の窯屋とし、5代に渡り伝統の匠を受け続け、今にその技を使い、それぞれの代とともに新たな和の器を作り続けます。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから       鉢・雛人形
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【五春窯】を選択してください。
菜の花窯 西野奈歩
学生の頃より、陶芸に惹かれ、陶人形の製作を始めました。手で作り出す、味わいを大切に製作をしてまいりたいと思います。

1997年 名古屋造形美術大学 プロダクトデザイン科卒業
      和陶器の企画デザインに従事
2009年 「菜の花窯」築窯

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    陶人形(鬼・かえる・うさぎ・ねこ・ふくろう・わらべ)・五月人形・雛人形
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【菜の花窯】を選択してください。

武山窯
料理が生える色、使い易い型状を基本に、織部、志野、青白磁、粉引の技術を用いて心地良い器テーブルウェアーを提供しております。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから  茶碗・湯呑・マグカップ・たっぷり碗・鉢・皿・重箱
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【武山窯】を選択してください。

知山窯
初代 安藤知治により大正9年築窯
昭和25年加藤幸兵衛、荒川豊蔵らと美陶会結成
昭和26年安藤秀二らと美濃上絵付研究所開設
日根野作三先生を迎え創造性、企画力を活かしクラフト運動及び業界発展の為「陶は人なり」と考え沢田米三(痴陶人)をデザイナーとし五代加藤幸兵衛、荒川豊蔵、安藤秀二らのよき理解者を得てデザイン開発、材料研究、技術開発、後継者育成などを目的に昭和33年「小谷陶磁器研究所」を設立
岐阜県産業功労賞  岐阜新聞社工業賞 博覧会賞

現在、二代目安藤光一の指導のもとに、三代目安藤 統が知山窯を受け継ぐ

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    カップ・フリーカップ・皿・鉢・ポット・多用碗
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【知山窯】を選択してください。

丹山窯
手書き、粉引にこだわりを持つ窯元です。
デザインされた草花は女性らしさにあふれ、はかなげで
繊細なイメージが持ち味です。
女性に圧倒的な人気を得ています。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
茶碗・湯呑・マグ・フリー・焼酎カップ・たっぷり碗・特大鉢
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【丹山窯】を選択してください。

長谷元窯 景陶
長谷元窯は寛保二年に開窯した織部焼きの名窯で、
二十二世 忠吉景望は狛犬手造りの名匠として知られ、
しばしば名古屋城に 招かれ、お庭焼きを勤めている。

二十六世景陶の当代君志は、伝統の織部陶器焼きに、
近代感覚を採り入れた新しい陶芸作家として知られて
います。
※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    茶碗・湯呑・煎茶・コーヒー碗皿・皿・鉢・花器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【景陶窯】を選択してください。

ひろ陶房(創作陶房ひろこ) 濱田弘子
陶芸の道を歩んで20年になります。
これまでに数多くの作品をつくり出し作陶を続けてこれたのは、故に皆様のおかげだと深く感謝しております。
これからも土の持ち味を生かし、皆様に末永く愛される作品づくりをしてまいりたいと思いますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。
※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    インテリア(香炉・香立・壁掛け・陶人形)・五月人形・雛人形・干支・箸置き
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【ひろ陶房】を選択してください。

中島忠士
瀬戸市赤津焼窯元みのり窯。
国の伝統工芸品に指定されている赤津焼の伝統的焼き物を作陶しています。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから    湯呑・コーヒー碗皿・マグカップ・ポット・箸立て
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の
【中島忠士】を選択してください。

葉月窯
瀬戸地方の原料である蛙目粘土を使った温かみのある風合いと水墨画のような濃淡が美しい呉須絵が特徴の焼き物を製作しております。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから 茶碗・湯呑・コーヒー碗皿・マグ・フリー・スープカップ・煎茶・皿・鉢・丼
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【葉月窯】を選択してください。

雅窯 水野雅子
素朴な土のぬくもりに魅せられ手作りの人形制作を始めました。
独特の紐造りの手法で指で跡を残しながら 同時に、積み上げて製作しております。

1978年 瀬戸市品野町に陶房を構える。
2000年 瀬戸市市民展に入選
2001年 JR高島屋にて個展
現在   瀬戸市伝統陶芸会会員
※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    雛人形・五月人形
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【水野雅子】を選択してください。


野田東山
昭和40年より現在の仕事に従事。
平成3年度 日本の伝統工芸士に認定される。

最優秀技術者県表彰
伝統的工芸品産業功労者賞県知事表彰
全国伝統工芸品展 入選5回
全国伝乙工芸士会展 入賞4回
得意な技:赤津焼きの伝統を引き継ぎ、温もりのある製品、主に織部、黄瀬戸釉、
       荒土を使った製品。
主な製品:茶陶および和食器、花器全般。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    抹茶碗・花器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【野田東山】を選択してください。


水野教雄
水野双鶴の次男
1950年 4月19日生

日展会友(中日賞受賞、入選21回)
日本新工芸家連盟 評議員
第13回・18回日本新工芸展 審査員
(会員賞受賞2回、佳作賞1回、工芸賞2回、
  オ−ストラリア展)
中日国際陶芸展 ( 入選6回、奨励賞)
イタリア・フアエンツア国際陶芸展 招待出展4回
朝日陶芸展(入選6回 、'78賞)
世界デザイン博覧会 出品
グル−プ展・個展 数回開催

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【水野教雄】を選択してください。


波多野正典
1957 愛知県瀬戸市生まれ
1977 愛知県立瀬戸窯業高校専攻科終了
1987 朝日陶芸展新人陶芸奨励賞
1987 中日国際陶芸展奨励賞
1995 日本新工芸展日本新工芸賞
1997 陶芸ビエンナーレ奨励賞
    日本新工芸展(東海展)東海テレビ賞受賞
2004 朝日陶芸展秀作賞
日展15回
日本新工芸展10回
日本陶芸展1回
朝日陶芸展7回
陶芸ビエンナーレ2回
国際陶磁器展美濃2回  それぞれ入選
・第19回日本新工芸展出品作 外務省買い上げ

松坂屋本店
他全国各地にて個展開催

※只今、当ホームページで掲載されています波多野正典の商品はこちらです。
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【波多野正典】を選択してください。

玉樹窯 三宅紀保
1943 瀬戸市に生れる
1959 愛知県立職業訓練校卒業
1965 玉樹窯「紀」設立、朝日光風会入選
1977 通産省認定 伝統工芸士
1985 愛知県知事表彰 ’97愛知県知事表彰
1989 技術技法に対する中部通産局表彰
1992 日中伝統的工芸品展 北京ロクロ実演
1997 全国伝統的工芸品コンクール入選
2000 JETRO 日韓交流 ソウルロクロ実演
2002 技術技法に対する通商産業大臣表彰
    財団法人伝統的工芸品振興協会表彰

2008 愛知技能マイスター認定(伝統工芸の匠)
    日本伝統工芸士作品展 特賞 数回受賞

※只今、当ホームページで掲載されています玉樹窯の商品はこちらです。
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【玉樹窯 三宅紀保】を選択してください。

鶴琳窯 林英樹
私は美濃という伝統の地に生まれ育ち、とても大きな伝統を踏まえつつ、様々な刺激やエネルギーを感じながら、
二十一世紀という今を生きる作品を作っていきたいと考えております。

「なぜ自分は作るのか、何のためにつくるのか」
そんなことを考え、考え続け、私はつくり続けたいと考えています。
このような思いを基につくり上げた作品を媒体に、皆さんと何らかのコミュニケーションをとることができたら幸いに思います。

※只今、当ホームページで掲載されています鶴琳窯の商品はこちらです。    

秀峰窯 中垣 連次
1954年3月 岐阜県土岐市生まれ
1978年   日本大学 卒業
1978年4月 父 勝美の指導の下、秀峰窯にて作陶
1991年   日本橋高島屋にて個展
1994年   神奈川県 ギャラリー「陶遊]にて個展
以後、志を同じとする仲間と共にグループ展 年次開催し今日に至る。
心に映る四季の折々を やきものの美の形として表現し、
伝統の郷にて 日々新たに土ひねり。風月一竿

山渓のあまごを肴に、残雪粉引掛け花の一輪に目を凝らし、織部の杯で一息入れる。
かけがえのない季節を感じつつ・・・炎に遊ばれ 窯を焚く    秀峰 中垣連次

※只今、当ホームページで掲載されています秀峰窯の商品はこちらです。    

河本 五郎
1916年生まれ。
31歳の時、染付陶芸家、河本礫亭家の養子となる。
日本デザイナー・クラフトマン協会に参加。
染付、青磁、釉裏紅等、磁器のあらゆる分野を習得、磁器から陶器に転じる。
クラフト運動に矛盾を感じ、「第9回日展」以降、出品を始め、以後国内・海外での受賞
40歳頃より、素材に磁器、色絵を多様。朝日陶芸展・日展の審査員、のちに評議員となる。
日展評議員 審査員4回

1953年 朝日現代陶芸展高賞受賞
1958年 ブラッセル万国博グランプリ受賞
1960年 第9回現代日本陶芸展最高賞受賞
1971年 瀬戸市功労賞
1971年 日本現代工芸美術10周年展出品作をメトロポリタン美術館買い上げ
1982年 愛知県表彰(文化功労者)
1983年 東海テレビ文化省
1986年 3月死去。同日勲四等瑞寳章を授与される。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【河本五郎】を選択してください。


虎山窯 鈴木青々
日展特選 1回
日展無鑑査 1回
日展委嘱 2回
日展審査員 4回
日展評議員  
光風展審査員 理事
日本現代工芸美術展 審査員 常務理事
朝日陶芸展 審査員15回
中日国際陶芸展 12回
天皇陛下御試食食器謹製
中日文化賞受賞
愛知県文化功労賞受賞
東海テレビ賞受賞
日本新工芸家連盟 理事
新日本工芸展 内閣総理大臣賞受賞
国際アカデミー賞 受賞


龍窯 加藤舜陶
天皇陛下 御使用食器ご用命。
皇太子殿下・皇太子妃殿下ご訪問を受ける。

昭和 25年 第6回日展初入選
昭和 30年 全国陶芸展文部大臣賞受賞
昭和 35年 第3回新日展特選北斗賞受賞
昭和 41年 日展会員
昭和 57年 日展評議員、愛知県芸術文化功労賞受賞
昭和 62年 勲四等瑞宝賞受賞
平成 2年 第12回日本新工芸展内閣総理大臣賞受賞
平成 3年 第23回日展内閣総理大臣賞受賞
       瀬戸市指定無形文化財(陶芸灰釉技法)保持者認定
平成 6年 愛知県指定無形文化財(陶芸灰釉技法)保持者認定
平成 9年 日展参与
平成17年 6月24日逝去 享年88歳

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【加藤舜陶】を選択してください。


飛鳥窯 中島卓
昭和27年    瀬戸市赤津に生まれる。
昭和39年3月  愛知県瀬戸窯業高校卒業。

家業の磁器製造を経て、土の匂いに魅せられ陶芸に転進し、古瀬戸釉・織部・楽などの作陶に専念する。

全日本工芸展  入選
全国陶芸展   入選
東海伝統工芸展  昭和55年より連続入選現在に至る。
中日国際陶芸展  入選
日本伝統工芸展  8回入選
淡公社 茶道美術公募展  入選
中日ビエンナーレ   2回入選
朝日新聞社 朝日ギャラリーにて個展
瀬戸市文化センターにて 2ヶ月間個展
東宝映画「本覚坊遺文」に使用の黒楽茶碗製作
現在  (社)日本工芸会正会員

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    黒楽茶碗・赤楽茶碗・香炉・香合
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【中島卓】を選択してください。


加藤 正也
愛知県瀬戸市に生まれる。
寺田みのるに師事。
昭和56年穴窯築窯。
平成4年独立。
水戸市「伊勢甚」「名古屋三越栄本店」など、各地で個展・グループ展を開催。
瀬戸市余床町 号に「酔土子」。
1999年 ユーロ・デザール99(フランス)招待作品
タイ国王室より芸術勲章
日本選抜展フィレンツェ大賞
ロートレック芸術大賞
世界平和芸術大賞(芸術年鑑社) 他、受賞多数
タイ王室に作品収藏

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み・茶漬け碗・茶碗・湯のみ・コーヒー碗皿・フリーカップ・
    取皿・6寸皿・菓子鉢
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【加藤正也】を選択してください。


加藤 令吉
1953年  慶長年間より代々陶業を営む加藤家22代目とし
      て生まれる。

現在は古典的な釉薬を使ったやきもの作りはもとより、公共空間や個人邸に多彩な色使いをした陶壁、モニュメント、オブジェ等の制作活動をする。

陶壁・モニュメント制作   
・地下鉄池下駅公団ビル外壁(愛知) ・西尾市立図書館(愛知) ・海南病院(愛知) ・北陸銀行富山研修センター(富山) ・愛・地球博瀬戸会場モニュメント『天水皿n』 等
 
日展  特選二回・無鑑査二回・出品委嘱三回・審査員二回・名古屋展中日賞
     日展会員賞
中日国際陶芸展  外務大臣賞・文部大臣賞・愛知県知事賞・奨励賞四回
中部読売美術展  内閣総理大臣賞・読売大賞・読売美術賞
日本新工芸展  新工芸賞
日工会展  内閣総理大臣賞・日工会大賞

作品収蔵  ・瀬戸市 ・外務省 ・中国 江西省陶瓷研究所 ・古川美術館
        ・瀬戸信金 ・(社)日展会館 ・瀬戸市美術館


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【背戸窯 加藤令吉】を選択してください。
 

森脇 文直
昭和42年 二代目 加藤春鼎先生に師事
昭和51年 築窯独立

瀬戸の優れた焼物の伝統を学び、現在に生かして、皆様に親しんで使用していただける人間味のある物が作れるように努力したいと思っております。

日本伝統工芸展   入選8回
東海伝統工芸展   連続入選
朝日陶芸展   入選2回
知事賞受賞日本陶芸展  入選2回
中日国際陶芸展   入選2回
愛知県文連美術展  美術展賞受賞
第十八回文部庁県展選抜展出品

個展・鼎窯会作陶展 多数

   ※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    湯呑・ぐい呑み・鉢
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【森脇文直】を選択してください。


棚橋 淳
1959年  岐阜に生まれる
1985年  森脇文直先生に師事
1990年  瀬戸市東拝戸町に築窯

日本新工芸展 日本新工芸賞受賞
日本新工芸展 中日賞受賞
朝日陶芸展  陶芸奨励賞受賞
日展  入選8回
日本新工芸展  入選8回
朝日陶芸展  入選1回
めん鉢大賞展  入選3回
第20回日本新工芸展出品作品 外務省買上
国際花と緑の博覧会 政府出展花もよう 招待出品
テーブルウェア・フェスティバル2001 招待出品
瀬戸市新世紀工芸館 企画展 「素材からの自己表現」
瀬戸市美術館 特別展 「瀬戸の現代工芸」 出品
EAST&WEST CLAY WORKS EXHIBITION 2006-SEOUL(ソウル)出品


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    一客湯呑・ぐい呑み・コーヒー碗皿・
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【棚橋淳】を選択してください。


鈴木紀文
昭和15年   鈴木青々の長男として瀬戸に生る
昭和60年迄  父 青々に師事
平成19年   永眠

日展   入選10回
日本新工芸展   入選10回
日本現代工芸展   入選10回
光風会展   入選3回・中日賞受賞
中日国際陶芸展   入選6回・文部大臣賞受賞
朝日陶芸展   入選5回・福井県知事賞受賞
二十七回瀬戸市民展  市長賞受賞
豊田市民展  市長賞受賞・教育委員会賞受賞
グループ展  数回開催


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    花器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【鈴木紀文】を選択してください。


桂山窯 和田和文
桂山窯は90年間4代続く美濃焼の伝統ある窯元です。
現当主の和田和文さんは恵まれた美濃の風土のもと、
日常食器・工芸品・茶道具等をつくっています。


 ※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
  稽古抹茶碗・土瓶・湯のみ・鉢・ぐい呑み
≪お願い≫開きましたページ先で、
       窯元名・作家名検索の【和田和文】を選択してください。

荘山窯 林亮次
昭和36年  土岐市民展 織部鉢 入賞
昭和38年  第一回 朝日陶芸展 
            「灰釉流彩壷」 入選
昭和41年  ニュークラフト展 
            青白磁釉裏紅茶器  入選
昭和49年  岐阜丸物百貨店 作品展
昭和50年〜55年  横浜ギャラリーマルショウ 
                    作品展
昭和59年  第三十一回 日本伝統工芸展 
             「粉引すすき文壷」 入選
昭和60年  第十六回 陶会伝統工芸展 「粉引草文壷」 入選
        第三十二回 日本伝統工芸展 「赤志野壷」 入選
昭和61年  第十七回 東海伝統工芸展 「赤志野壷」 入選
昭和63年  第十九回 東海伝統工芸展 「赤志野千面壷」 入選
平成3年   伝統工芸士認定


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    抹茶碗・煎茶器揃
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【林亮治】を選択してください。


仙太郎窯 安藤工
日展会友・美濃陶芸協会理事・日工会会員

1990年 朝日陶芸展’90  入選
1991年 第一回日工会展  初入選以後数回入選
      朝日陶芸展’91  入選
1992年 第二回日工会展  新人賞受賞
1993年 第三回陶芸ビエンナーレ’93  入選
1994年 美濃陶芸展   中日奨励賞受賞
1995年 市政記者クラブ賞        受賞
      朝日陶芸展’95         入賞
      代二十三回日展  初入選以後数回入選
1996年 美濃陶芸展           中日奨励賞受賞
      大阪高島屋本店        個展
      東京三越本店          個展
1997年 美濃陶芸展           中日奨励賞受賞
      波光会展            波公会賞受賞
1998年 美濃陶芸展           中日奨励賞受賞
1999年 「東海の陶芸」          出品
2000年 名古屋松坂屋本店       個展
2001年 第十一回日工会展       会員賞受賞
2002年 美濃陶芸作品永年保存事業に「灰釉彩文器」が指定される
      第四代仙太郎窯継承
      東京三越本店          個展
      岐阜高島屋            個展


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    茶碗・湯呑・皿・鉢・ぐい呑み・反り碗
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【安藤工】を選択してください。


いちい窯 横井清秀
昭和30年 土岐市 生
昭和49年 佐渡山安光先生に師事
昭和53年 “いちい窯”継承
以降 名古屋・東京・鎌倉等
全国各地にて個展、グループ展開催


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    マグカップ・ご飯茶碗・湯のみ・たっぷり碗・煎茶器・皿・鉢・丼
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【横井清秀】を選択してください。


北山窯 田中将則
北山窯の三代目
1962年 土岐市に生まれる
1982年 作陶を始める
日本新匠工芸展 2005’入選
織部の心作陶展 2006’ 2008’入選
東海伝統工芸展 2008’入選
土岐陶芸会員

釉薬の調合もこなし、陶器製作のすべてを一人で行っています。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    茶碗・飯碗・マグカップ・フリーカップ・スープカップ・鉢・皿・大汲出
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【北山窯 田中将則】を選択してください。


七郎左窯 加藤天平
赤津窯系譜=(尾張の華)より=

陶祖 景正 加藤四郎左衛門春慶
初世 景元 四郎左衛門は陶祖景正の十七
    世にあたり祖業を赤津に従事す
二世 景直 忠右衛門
三世 景道 弥三右衛門
四世 景久 弥次右衛門
五世 景近 政七
六世 景幸 和七
七世 景清 作兵衛後作助

八世 小三郎 改春逸
    小三郎は景清の次男に生れ分家して舜陶園春逸と改む
九世 得弌改 春逸
十世 辰改 龍窯舜陶と号す
十一世 天平

作家履歴
日展 八回入選
日本新工芸展 入選
東海伝統工芸 入選
中日国際陶芸展 入選
朝日陶芸展 入選
日本新工芸十四回展会員佳作賞
陶芸ビエンナーレ展入選特別賞
日本陶芸展 入選
日本新工芸十五回展東海テレビ賞


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み・湯のみ・皿
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【加藤天平】を選択してください。


三浦繁久
昭和21年 土岐津に生まれる
昭和40年 岐阜県立多治見工業高等学校 窯業科卒業
       以後創作活動に入る

個展開催 東武百貨店  銀座松屋
       横浜そごう   大阪大丸
       阪神百貨店  渋谷黒田陶苑 他
       インド政府(カンジー美術館)へ寄贈
       伝統工芸士認定

美濃焼の里の窯屋の三代目として生まれ、かつて多くの陶工達がその美しさに魅せられ、挑んだように、私も土の中にて、志野、粉引、かいらぎと伝統の陶芸に今の時代の感性を表現出来たらと思っております。


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    湯のみ・組湯呑・コーヒー碗皿・香炉・煎茶器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【三浦繁久】を選択してください。


玉山窯 玉置保夫
日本伝統工芸会正会員であり、
多治見市無形文化財保持者の玉置保夫氏監修のもと
玉山窯は、郷土の祖先が生んだ桃山時代の美的な遺産である志野・鼠志野・織部・黄瀬戸の斬新な美しさに深く心をひかれ、代々伝わる秘伝を練磨し現代によみがえらせ、新しい伝統を創り出すよう努力しております。
玉置保夫(監修)

日本工芸会 正会員
日本伝統工芸展 入選25回
東海伝統工芸展 最高賞2回 他3回受賞
朝日陶芸展 受賞

高島屋・三越において個展多数

現在 日本工芸会東海支部常任幹事
    美濃陶芸協会理事
    岐阜県美術作家連盟・岐阜県デザイン協会 各会員


※只今、当ホームページで掲載されています玉山窯の商品はこちらです。    

前川電光
土味豊かな作品を創る為にいそがず一つ一つ手で造って居ります

昭和四十三年 瀬戸市民展(陶彫)市長賞
          明治百年記念に明治村へ明治天皇像保
          存となる
昭和四十五年 瀬戸陶磁器陳列館皇太子御夫妻像保存と
          なる
昭和五十三年 四日市近鉄百貨店  置物個展
平成六年    国立瀬戸少年院陶壁「生命」建立
平成七年    名古屋三越本店 於 個展

手ひねりの狛犬製作の第一人者


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    香炉
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【前川電光】を選択してください。

岩月 竹光
桃山期のやきもの、黄瀬戸・織部・志野の美しさに惹かれ、
土をさがし釉薬など手探りの研究に明けくれました。
古陶を勉強し、それを超える自分なりの
新しい感覚のやきものを焼くために努力しております。

現代茶陶展 入選
個展多数

黄瀬戸作りの第一人者
※只今、当ホームページで掲載されています岩月竹光の商品はこちらです。
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【岩月竹光】を選択してください。

岩月 珠惠
1953年瀬戸で生まれる
窯業高校デザイン科
常盤女学院服飾デザイン科
アパレルメーカーに2年勤務
陶芸家であるご主人の岩月竹光氏と出会い陶人形作りをはじめる

笑門来福をモットーに陶と古布をあわせた
温かみのある作品作りを目指している


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    招き猫・五月人形・干支
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【岩月珠惠】を選択してください。


谷口祥八
日展  10回入選
日本新工芸家連盟  会員
陶芸展  知事賞
現代日本陶芸展  朝日新聞社賞
関西総合美術展  関展賞三席
中美展  入賞
日本現代工芸美術展  入選
朝日陶芸展  入賞
中日国際陶芸展  入選
個展  数回開催

日展入選作「吽(うん)」が昭和五十二年度瀬戸市永年保存作品として選ばれる。
昭和五十四年度中日国際陶芸展入選作品イタリア・ファエンツァ・コンクールに作品派遣
平成元年瀬戸市文化センター企画作品展開催


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み・花器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【谷口祥八】を選択してください。


加藤光昭
日展入選 10回
中日国際陶芸展 中日大賞及び入選6回
朝日陶芸展 ’76年賞及び奨励賞入賞10回
朝日陶芸展 運営委員
東京国立近代美術館工芸館近代日本の工芸展
                            招待出品
光風会展 入選二回
「灰釉長皿」瀬戸市永年保存作品に指定
新日本工芸展 入選8回
日本現代工芸展 入選5回
徳川美術館新館記念茶会 記念品製作
イタリアファエンツァ陶芸展 招待出品
個展東京1回 名古屋13回


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み・煎茶器揃
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【加藤光昭】を選択してください。


六兵衛窯
伝統の赤津焼 六兵衛窯

長谷元窯は寛保二年に開窯して織部焼の名窯で、
二十二世忠吉景望は狛犬手作りの名匠として知られ、御庭焼を勤めている。
当代六兵衛は、伝統の織部焼に、近代感覚を取り入れた
新しい民芸作家として知られている。

長谷元窯系譜

初代 景正  加藤唐四郎
二世 基道     藤次郎
三世 景国     藤三郎
   ・
   ・
   ・
   ・
甘六世 景治   六兵衛


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    組湯呑・飯碗・煎茶・急須・皿・鉢・花瓶
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【六兵衛窯】を選択してください。


塩草窯 中島洋
昭和35年より ロクロを回してもうすぐ50年

常に合掌念仏の心を持って精進しています
主に、織部・志野・鼠志野を特技とし
日常食器を中心に割烹食器まで手がけています


平成7年 伝統工芸士認定
平成8年 工芸士会作品展 特選


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    鉢・千代久・手付き鉢・煎茶・コーヒー碗皿・皿・尺皿・尺二皿・円菓子碗
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【中島塩草】を選択してください。


鈴木陶苑 鈴木秀俊
昭和24年    土岐市 生
昭和43年    多治見工業高校 卒業
昭和44年    同 専攻科終了
昭和49・50年 朝日陶芸展 入選
昭和51年    独立築窯
昭和54年    東海伝統工芸展 入選
昭和60年    中日国際陶芸展 入選
昭和60・62年 美濃陶芸展中日奨励賞
昭和62年    中日国際陶芸展 入選
平成2年     朝日陶芸展 入選
平成2年     中日国際陶芸展 入選
平成4年     東海伝統工芸展 入選
平成5年     第3回陶芸ビエンナーレ93 佳作
平成10年    伝統工芸士 認定
平成10年    織部の心作陶展 金賞
瀬戸焼 美濃焼 和食器 陶器 通販
土を練り、ロクロを回し炎を見る。
そして窯から出す時の胸の高なり。
作品を手で包んでその冷たさ、その温かさを感じ、ほっとする「やきもの」とは面白いのもです。
手作りの感覚をほうふつとさせるやきもの作りを続けていこうと思っています。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    茶碗・湯呑・鉢・皿・土瓶・スープ・フリー・焼酎カップ・コーヒー碗皿・
    煎茶器・たっぷり碗・花器
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【鈴木秀俊】を選択してください。


洞山窯 亀井勝
日展 特選2回・審査員・会員・評議員
日本現代工芸美術展 現代工芸賞・会員賞・外務大臣賞
日本現代工芸美術展 アメリカ・ヨーロッパ巡回展
              バンコック美術展出品
光風会展 光風工芸賞・第60回記念展・特別賞
朝日陶芸展 知事賞受賞2回・評議賞
第一回中日国際陶芸展 中日大賞受賞
中日国際陶芸展 評議員・審査員
個展 10回
昭和61年度愛知県芸術文化選奨文化賞受賞
日展出品作「角」瀬戸市永年保存に選定さる

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ぐい呑み
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【亀井勝】を選択してください。


兵山窯 羽柴兵衛
陶歴
一九五〇年 岐阜県土岐市に生まれる
一九六八年 岐阜県立多治見工業高等学校
        窯業科卒業

        父 羽柴兵伍に師事し実家の兵山窯を継ぐ

四代目与左衛門は名土として 知られ、製品を織田信長に献上 した折、その技を讃え製陶を 認可する朱印状を下附され、 羽柴の姓を下賜され以来 現在の当主 羽柴兵衛に至る

食を豊かに生活を楽しくする 気取らない普段着の器をと
日々陶魂を燃やし努力いたして 居ります


※只今、当ホームページで掲載されています兵山窯の商品はこちらです。    

朱山窯 織野貴子
自然の土の味を生かし、ひも作りを中心に、
温故知新の精神で日々努力を重ねております。

これからも手造りの感覚をほうふつとさせる“やきもの”を 造り続けていこうと思っていますので、ひとときの心の和らぎとして、 眺めたり、手にとったりしていただけたらと、心から願います。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
   マグカップ・花器・ぐい呑・たっぷり碗・蚊やり器・ミニ亀
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【織野貴子】を選択してください。


菊陶窯 加藤博正
祖先は寛保二年に開窯して織部焼の名窯で、
二十二世忠吉は名古屋城に招かれお庭焼を勤めている。

当代正博は、伝統の粉引・三島等に近代感覚を
取り入れた新しい民芸作家を目指して毎日精進しています。

昭和二十四年 生まれ
昭和四十五年 地方展初入選
昭和五十三年 陶磁器技能検定合格
昭和六十年  2人展クラフトセンタージャパン
          グループ展  毎年二回
昭和六十一年 瀬戸クラフト協会会員
平成十年    個展


※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    ポット・煎茶器・たっぷり碗・組湯呑
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【加藤博正】を選択してください。


ひさみ窯
桃山時代から続く美濃焼の地 いずみ定林寺において
すべての工程を 手仕事で製作している工房です。

土塊をこね たたき ひねり 色をつけ 釉をぬり焼き上げる。
一個のやきものができるまで 私は幾度それらに触れ こころを込めることでしょう。
そんな手とこころのぬくもりが伝わるやきものを 造っていきたいと思っています。

※只今、当ホームページで掲載されています商品はこちらから
    縁起猫・縁起猫絵皿・五月人形・雛人形・干支・カップ
≪お願い≫開きましたページ先で、窯元名・作家名検索の【ひさみ窯】を選択してください。

COPYRIGHT(C)2008 瀬戸焼 美濃焼 和食器|通販専門サイト あーと青仁 ALL RIGHTS RESERVED.